東京・横浜で家族信託・認知症対策・
生前贈与の相談なら

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

信託の種類

基本的には、委託者は財産を持っているおり何らかの事情でこの財産を管理してもらいたいと思っている方となりますが、受託者や受益者はご要望に合わせて選ぶことができます。
ただし、選び方によって税金を支払わうことになるため、注意が必要となります。

 

①自益信託

自益信託とは、委託者=受益者という関係です。

家族信託もこの自益信託に入るのですが、自身の財産の名義だけを第三者に預けるだけで、利益はすべて自分にかえってくる仕組みです。
したがって、この信託を行ったとしても委託者が死亡しない限り財産は委託者のものですので、贈与税や所得税は一切かからないということになります。

 

②他益信託

他益信託とは、委託者≠受益者の関係になる信託です。
例えば、自分(委託者)の財産を、息子(受益者)が利益を受けるように妻(受託者)に託すといった具合です。
この場合、財産が委託者から受益者へ移行しているので、贈与税や所得税が発生し支払の義務が生じます。

 

③自己信託

これは、委託者=受託者というケースです。

イメージしづらいと思いますが、委託者が自己の財産を所有し、管理する権利を有し、受益者を指定するために活用されます。
事業承継において、相続が発生すると自社株が相続人に分配され議決権が細分化してしまうことが危惧されます。そういったときに、自身が生きているうちは意思決定(議決権行使)を行い会社を経営していき、なくなった後の後継者を指定するために活用されることが多くあります。

さらに信託の自由度を示すようなこんなケースもあります。

それは、自分(委託者)の財産を息子(受益者)が利益を受け取れるように息子(受託者)に託す「受託者と受益者が同一人物」といったケース。
信託の本質からずれることからか、このような受託者=受益者の状態が1年続くと信託が終了するルールがありますので注意が必要ですが、実際に可能となっています。

上の例で見て取れるように、信託は、非常に柔軟に財産管理・財産承継を考えられる手法なのです。

 

↓具体的解決事例↓

認知症対策解決事例

一人暮らしの親の実家の管理
認知症の配偶者に財産を残したい
高齢者アパートオーナーの資産管理

相続対策解決事例

相続対策としてアパートを新たに建築
相続後の共有トラブルを回避

事業承継対策解決事例

後継者育成と相続後の会社経営トラブル防止

その他解決事例

アクセス情報

司法書士・行政書士事務所
リーガルエステート
  • 横浜六角橋相続サポートセンター
    (司法書士事務所・株式会社)

    神奈川県横浜市神奈川区西神奈川
    3丁目5番地4
    TEL:045-620-2240
    FAX:045-620-2241
    東急東横線東白楽駅 徒歩5
    白楽駅 徒歩6