東京・横浜で家族信託・認知症対策・
生前贈与の相談なら

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

委任契約との違い

家族信託と委任契約とは、似て非なるものです。

どちらも信頼の置ける人に財産管理等を任せるといったことは共通しているのですが、
委任契約では、財産の使用、管理、処分等を行う全ての権利が本人のままであるため、本人から委任したことの事実を確認できなければ、財産を管理、処分できないことがあります。

これに対し、家族信託では、財産の管理、処分を行う権利が受託者(財産の管理を任される人)に移るため、その受託者の権限で財産を管理、処分することができます。

例を挙げますと、身体の不自由な父親が息子に対し、銀行手続きの一切を委任した場合であっても、取引内容によっては委任状を提示された銀行側が、その委任の事実や本人の意思を確認することがあります。
もし、父親が認知症等により判断能力を失っていた場合は、委任の事実や本人の意思を確認することができないことを理由として、銀行側から息子が代理して行う銀行手続きを拒否されることとなります。

信託を活用した場合ですと、受託者である息子に権利が移っていますので、息子自身が独自に判断し、管理・処分することができますので、非常にスムーズに手続きが行えることとなるのです。

そして、信託のメリットとしてもう一つ。

「信託している財産は、相続の対象にならない」といった点も大きく違います。
もちろん信託していない財産については相続の対象となりますので、この辺りの特性を活かして様々な財産継承の仕組みを考えることができるのです。

 

↓具体的解決事例↓

認知症対策解決事例

一人暮らしの親の実家の管理
認知症の配偶者に財産を残したい
高齢者アパートオーナーの資産管理

相続対策解決事例

相続対策としてアパートを新たに建築
相続後の共有トラブルを回避

事業承継対策解決事例

後継者育成と相続後の会社経営トラブル防止

その他解決事例

アクセス情報

司法書士・行政書士事務所
リーガルエステート
  • 横浜六角橋相続サポートセンター
    (司法書士事務所・株式会社)

    神奈川県横浜市神奈川区西神奈川
    3丁目5番地4
    TEL:045-620-2240
    FAX:045-620-2241
    東急東横線東白楽駅 徒歩5
    白楽駅 徒歩6