東京・横浜で家族信託・認知症対策・
生前贈与の相談なら

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

財産分離機能

家族信託には、財産分離機能といわれるものがあります。

この財産分離機能というのは、家族信託で管理する財産が自己の固有財産(自己名義の財産)から切り離され、別個の財産(受託者名義の財産)として取り扱われることをいいます。

例えば、遺産分割協議は、亡くなった方の固有財産についてその承継先を決めるものですが、家族信託で管理する財産は、固有財産から切り離されているため、その対象にはならず、家族信託で指定した者に承継されます。

また、委託者が認知症になった場合、成年後見人が後見人の財産を管理することとなりますが、管理される財産は、後見人の固有財産に限られるため、家族信託で管理する財産は従前どおりの管理が可能となります。

 

↓具体的解決事例↓

認知症対策解決事例

一人暮らしの親の実家の管理
認知症の配偶者に財産を残したい
高齢者アパートオーナーの資産管理

相続対策解決事例

相続対策としてアパートを新たに建築
相続後の共有トラブルを回避

事業承継対策解決事例

後継者育成と相続後の会社経営トラブル防止

その他解決事例

アクセス情報

司法書士・行政書士事務所
リーガルエステート
  • 横浜六角橋相続サポートセンター
    (司法書士事務所・株式会社)

    神奈川県横浜市神奈川区西神奈川
    3丁目5番地4
    TEL:045-620-2240
    FAX:045-620-2241
    東急東横線東白楽駅 徒歩5
    白楽駅 徒歩6