東京・横浜で家族信託・認知症対策・
生前贈与の相談なら

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

物件の債権化機能

家族信託で不動産を管理した場合、その不動産の名義は受託者(財産管理を任される人)に移転することとなりますが、その不動産から得られる賃料等の収益は受益者(財産から得られる利益を享受する人)に帰属することとなるため、不動産の所有権のうち、管理・処分できる権利が受託者に、使用・収益できる権利が受益者に移転します。

この使用・収益できる権利を含め受益者が有する権利を受益権といいますが、受益権は債権(人に対する権利)であるため、家族信託で不動産を管理した場合、不動産の所有権(物権)が受益権という債権に変わるような外観を構成します。

物権を債権化することにより得られるメリットとしては、その権利の譲渡が簡便になることが挙げられます。

例えば、所有権を移転する場合には、煩雑な手続きや高額の登録免許税が掛かりますが、受益権を譲渡する場合は、当事者の合意のみで行うことができ、登録免許税も不動産1個につき 金1000円と低額です。

このように家族信託を利用し、物権である所有権を受益権という債権に変えることにより、簡便かつ柔軟な権利処理が可能となります。

 

↓具体的解決事例↓

認知症対策解決事例

一人暮らしの親の実家の管理
認知症の配偶者に財産を残したい
高齢者アパートオーナーの資産管理

相続対策解決事例

相続対策としてアパートを新たに建築
相続後の共有トラブルを回避

事業承継対策解決事例

後継者育成と相続後の会社経営トラブル防止

その他解決事例

アクセス情報

司法書士・行政書士事務所
リーガルエステート
  • 横浜六角橋相続サポートセンター
    (司法書士事務所・株式会社)

    神奈川県横浜市神奈川区西神奈川
    3丁目5番地4
    TEL:045-620-2240
    FAX:045-620-2241
    東急東横線東白楽駅 徒歩5
    白楽駅 徒歩6