東京・横浜で家族信託・認知症対策・
生前贈与の相談なら

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

意思凍結機能

この意思凍結機能というのは、最初に信託契約を結んだ委託者の意思が時間の経過に関係なく、契約が継続する限り、受託者の働きによって半永久的に尊重され続けると言った機能の事を指します。

通常、委任契約では、契約形態が、委任者と受任者の二者のみとなっていますから、委任者が死亡した場合、当事者が欠けてしまうということになり、終了事由に該当しますので、委任契約は終了することとなります。

ところが、信託契約(特に家族信託)は、委託者の地位が相続人に承継される(遺言信託を除きます。)ため、当事者が欠けることはなく、有効に存続することとなります。
信託契約を結んだ当初の委託者の思いが実現できるというわけです。

なお、信託法では、委託者の死亡が信託の終了事由に定められていないこと等から、そもそも委託者の死亡により終了することを前提としておりません。

このため、当初の委託者が死亡した場合は、委託者の地位を消滅させ、委託者の地位を相続人に承継させないことができます。
これにより、信託契約を結んだ当初の委託者の意思をより確実に継続させることも考えられます。

 

↓具体的解決事例↓

認知症対策解決事例

一人暮らしの親の実家の管理
認知症の配偶者に財産を残したい
高齢者アパートオーナーの資産管理

相続対策解決事例

相続対策としてアパートを新たに建築
相続後の共有トラブルを回避

事業承継対策解決事例

後継者育成と相続後の会社経営トラブル防止

その他解決事例

アクセス情報

司法書士・行政書士事務所
リーガルエステート
  • 横浜六角橋相続サポートセンター
    (司法書士事務所・株式会社)

    神奈川県横浜市神奈川区西神奈川
    3丁目5番地4
    TEL:045-620-2240
    FAX:045-620-2241
    東急東横線東白楽駅 徒歩5
    白楽駅 徒歩6