東京・横浜で家族信託・認知症対策・
生前贈与の相談なら

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

家族信託サポートセンター

無料相談受付中

家族信託解決事例:母を引き取ることになり、空き家となる実家の管理のため家族信託(民事信託)を活用したケース

相談者:長男62歳(母83歳、長女58歳)

    1. 状況
      遠く離れた実家に住む母(83歳)を引き取ることになる横浜居住の長男からの相談でした。
      10年以上前に父は他界しており、ご家族は、母と長男と長女(姉)がいます。
      母の物忘れが徐々に出てきたことから、横浜居住の長男家族が母を引き取り、同居することになりました。
      空き家となる母名義の実家について、知人も多く将来的に長男家族が戻ることや長女が住むこと、リフォームや第三者に貸すこと又は売却すること、いずれの可能性もあり、母の物忘れの状況が進んで、仮に重い認知症になった際には、いずれもできなくなることを懸念されていました。
    2. 当センターからの提案&お手伝い
      認知症になった場合の対策として成年後見制度の説明をしました。
      母の資産状況を長男に確認したところ、成年後見制度では、親族のみで後見人となることが難しいこと、家族が望む柔軟な資産管理や対応ができない可能性が高いことがわかりました。
      そこで、家族信託(民事信託)を活用し、母名義の大阪の実家と預貯金の一部を長男の名義とし、実際の権利は母に残す(信託財産として、託す)方法を提案いたしました。
      長男の名義となれば、母の判断能力の有無を問わず、横浜に住む長男の判断で託された財産を管理することが法律上できるようになります。
    3. 家族信託を利用した結果
      長男の他、母、長女と面談し、家族信託(民事信託)を実行することとなりました。
      現在の段階では、財産をどうするのか、また誰が相続するか等は決まっていないため、母の死亡により、信託契約は終了し、残った財産は、長男と長女の協議により誰が何を相続するか決める事ができるように設計し、公正証書で信託契約書を作成し、長男家族が母の介護を見ながら、長男の横浜の自宅に母と同居し、財産管理を行っていくこととなりました。
      ご家族全員が仲が良く、お母様の笑顔が素敵だったことがとても印象に残りました。
 

↓その他の家族信託解決事例↓

認知症対策解決事例

一人暮らしの親の実家の管理
認知症の配偶者に財産を残したい
高齢者アパートオーナーの資産管理

相続対策解決事例

相続対策としてアパートを新たに建築
相続後の共有トラブルを回避

事業承継対策解決事例

後継者育成と相続後の会社経営トラブル防止

その他解決事例

アクセス情報

司法書士・行政書士事務所
リーガルエステート
  • 横浜六角橋相続サポートセンター
    (司法書士事務所・株式会社)

    神奈川県横浜市神奈川区西神奈川
    3丁目5番地4
    TEL:045-620-2240
    FAX:045-620-2241
    東急東横線東白楽駅 徒歩5
    白楽駅 徒歩6